写真を効果的に使う方法とは?

文章ばかりのページに写真を入れて印象をよくする

文章を主体にしたホームページであっても、文章ばかりだと印象が重くなってしまいます。なので、画像を織り込んでいくといいでしょう。そうすればページの雰囲気を華やかに、そして軽くすることができるので、閲覧者の食いつきをよくすることができます。
では、ホームページ内で写真を使う場合、どのようにすれば効果的に見せることができるのでしょうか。まず、一番理想的なのは文章の内容に完璧にあった写真を入れるということです。文章を書く際に取材をしたのであれば、取材先で写真を撮り、それを挟むことで現場の雰囲気をより深く伝えることができます。もし、自分で撮影した写真を用意できない場合は、写真の素材集サイトからコンテンツに合ったものを見つけて織り込むといいでしょう。

表示サイズと解像度に注意

ホームページ内で写真を使う場合は、その大きさも重要になります。たとえば、スマートフォンで撮影した写真をそのまま入れると、大きすぎてブラウザの横スクロールバーが表示されてしまうことがあるので、そういった場合はサイズを調整しましょう。
サイズを調整する場合の注意点としては、表示サイズを変更するだけではなく、一緒に解像度を下げた方がいいということです。表示サイズを変更するのはHTMLで画像サイズを指定することでできますが、これだと大きな写真をブラウザ上で強制的に小さくすることになるので、ファイルサイズはそのままになってしまいます。なので、回線速度が遅い格安SIMを差し込んだスマホやガラケーなどで閲覧するには重いサイトになりがちです。解像度を下げれば、表示サイズと一緒にファイルサイズも小さくなるので、遅い回線でも簡単に表示させることができます。

HP制作なら専門の会社にお願いすると良いでしょう。制作後も修正、更新もしてもらえるので安心です。素人ではなかなか作れない目を引く動きのあるHPを作成してくれます。